ゆうべの一曲

KITCHEN & SOUL BAR "QUINVY"
< Japanese-Style-Food with SoulShower>

名古屋市内山3-6-14山八第2ビル1F
電話:052-732-6660
OPEN:19:00〜27:00/ CLOSE:Sunday

和食の楽しめる ソウル・バー(クインビー)として
名古屋・今池で営業してます。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

ウイスパーズ

初めてご来店のお客さんから、「ウイスパーズ」と言われた。
曲名は何もご指定はなかったので、こちらを選曲しました。
『And The Beat Goes On』です。喜んでいただけて良かった。
このアルバムの中では、A-3の『Lady』という曲が気に入ってますが、皆さんは、いかがですか? 『A Song For Donny』ですか?
この曲を使った、クリスマスソングはなかなか良いですね。
photo by QUINVY

Tower Of Power

Tower Of Power19791979のアルバムらしいジャケットです。
カッコいいトランザムにTower Of Powerとタイトルが入った、ぶっといタイヤ。 当時GOOD YEARと書かれたタイヤをよく見かけたような気がします。いかにも走りそうなクルマ!
A-1から軽快でテンポの良い曲で、ついついスピードが出てしまいます。
『Rock Baby』という曲でTower Of Powerとしては、かなりポップな感じがします。 もちろんリクエストを頂いてのご紹介です。
実は、私もこの曲を気に入ってます。 あと、マーサ&ザ・バンデラスの有名な曲をカバーしてます。 確かモータウンでのアイズレーも歌ってました。Nowhere To Run
 
photo by QUINVY

シャイライツ

シャイライツシャイライツの登場です。
弊店でも、人気があり、こちらのアルバムは、1973年制作です。
お客さんの中に、スウィートソウルのコレクターでもあり、レゲエのコレクターでもある人から教えて頂いた曲の中で、A-2にあります、『Go Away Dream』という曲が、レゲエで、二組のアーチストがカバーしているそうで、なかなか良い曲です。勉強になります。
まずは、聴いてください。
photo by QUINVY

The 9th Creation

The 9th Creation珍しいアルバムのリクエストを頂きました。
その人は、聴いた事がないんですが、珍盤に興味がある人で、アルバムについて、いろいろ教えて頂きました。
これはセカンドプレスらしいが、値段が高くついてるらしい。
内容は、ファンクバンドですが、フージョン色もあって、何となく『タワー・オブ・パワー』を少し意識してるように思える。
A面の一曲目からスローで、良い曲です。
あとB1も気に入ってます。
photo by QUINVY

ダイアナ・ロス

ダイアナロス1970年のダイアナロスのソロアルバムです。
A面の最後の曲[Ain't No Mountain High Enough]を流したところ
一人のお客さんが、ハンカチで目をあてがってるではありませんか。
「大好きな曲で、これを聴くと涙がこぼれる」と熱く語ってくれました。

そこまで真剣に聴いてくださいますと嬉しく思いますよね。
アシュフォード&シンプソンが制作の名曲です。
photo by QUINVY

マリーナ・ショウ

マリーナ・ショウちょっと、色っぽくてジャケが素敵なマリーナ・ショウです。
このアルバムを、かけてたところ、常連さんが「この曲いいねー、語りが長いのが好き!」「これ何と言う曲ですか?」と嬉しそうに尋ねられ、「はい!」『Yu-Ma Go Away Little Boy』です。
確かに、語りが長いです。曲名は2つに分かれてて、ちょっと "クエッション"
全体にジャズっぽいですが、あと『Look At Me, Look At You』と素敵な曲が収録。
photo by QUINVY

シシー・ヒューストン

シシー・ヒューストンお客さんの中に、『ホイットニー・ヒューストン』が好きな方がいらしてて、
ファーストアルバムを流す事に、カウンターに座ってる、お隣さん同士が、
だんだん親しくなり、盛り上がってきました。
やはり、この人(シシー・ヒューストン)の話題になってきました。
(お母さんです) お客さんの中に、もと70年代のディスコの、DJがいて
「シシー・ヒューストンといえば、Think It Over」!こちらのアルバムに収録です。
1978年で、当時『レッツ・オール・チャント』(邦題:チャンタでいこう)で有名な
マイケル・ゼガー制作です。
全体にディスコ仕立です。 
あと、マイケル・ゼガーは、『イリュージョン』
というグループのアルバムにも手がけてて、こちらも紹介したいです。
リクエスト待ってま〜す。
photo by QUINVY

ファースト・チョイス

ファースト・チョイス1973年で、ファースト・チョイスのファーストアルバムです。
お客さんのリクエストで、[Armed And Extremely Dangerous]
このアルバムのタイトル曲で、B-2に収録です。
英語では、なかなか覚えられません、曲名を紙に書いて、写しました。
日本語タイトルだと、『暁の非常線』と覚えやすいですね。
フィリーサウンドで、なかなか調子の良い曲です。
50代のおじさん達は、懐かしいのでは・・・。

 
photo by QUINVY

シルバーズ

シルバーズこちらも同じ『シルバーズ』で前回とは内容がまったく違います。こちらは一変、コーラス・スタイルでスウィートです。
A-1 [Wish That I Could Talk To You]は、スウィート・ソウル・ファンが好きそうな一曲です。

photo by QUINVY

シルバーズ

兄弟グループ『シルバーズ』
このアルバムは全体にディスコを意識した内容です。
[ホット・ライン]と言う曲があり、あるお客さんは「ハッカイ!ハッカイ!」と聞こえると言ってよくリクエストを頂きます。
確かに、そう聴こえます。(笑
裏面には、[ハイスクール・ダンシング]と、これまたご機嫌なディスコナンバー! 学校の授業始まりか、終わりのベルが鳴り、曲がスタートします。
photo by QUINVY
1 / 6 >>

このページの先頭へ