ゆうべの一曲

KITCHEN & SOUL BAR "QUINVY"
< Japanese-Style-Food with SoulShower>

名古屋市内山3-6-14山八第2ビル1F
電話:052-732-6660
OPEN:19:00〜27:00/ CLOSE:Sunday

和食の楽しめる ソウル・バー(クインビー)として
名古屋・今池で営業してます。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

アーチーベル&ザ・ドレルズ

タイトゥン・アップお客さんからの質問で、「テレビのCMで、『キンムギ』に使われてる曲知りませんか?」と尋ねられましたが、テレビを観る機会がない私には、サッパリ?わかりません。うーん困った!
あっ!妻に聞いてみようと、早速電話したところ、「え〜と、キンムギの・・・。」妻は「あっ!あれね、アーチーベル&ザ・ドレルズのタイトゥンアップのことね」 即答でした。 頼りになるな〜
お客さんは、大満足です。 良かったー
photo by QUINVY

ソロモン・バーク

ソロモン・バーク昨夜、掲示板で『ソロモン・バーク』さんの訃報をしりました。
聴きたくなり、こちらのアルバムを引っ張り出して聴いてみた。
なんとも、スケールが大きいというか、説得力があるというか、とにかく存在感があります。
アトランティックのファーストアルバムで、中でも、私は「Cry To Me」が気にいてます。

ご冥福を、お祈りいたします。



photo by QUINVY

スティービー・ワンダー

スティービー・ワンダー
夏本番!毎日暑い日が続いてます。

こちらのアルバムは『スティービー・ワンダー』さんのビーチサウンドです。
1964年の作品ですが、まったく古さを感じさせません。
A-1の『キャッスル・イン・ザ・サンド』は、イントロから波の音や
カモメの鳴き声が入っていて、なかなか軽快な曲で好みです。
いつもリクエストを頂く、ソウルの詳しいおじさんがいて、
その人のニックネームが『シーシーおじさん』です。なぜかと申しますと、
ダンスの「ソウルC.C」からではなく、歯をシーシーと音を立ててる事があるからなんです。

私も、歯が痛かった時や物が挟まった時に、歯をシーシーとやってます。
photo by QUINVY

リードーシー

リードーシー新大統領、オバマさんが演説で『Yes We Can!』は記憶に新しいところです。
こちら、木登り上手な「リー・ドーシーさん」は昔に歌っておりました。ニューオリンズ独特なのでしょうか、アルバムは全体に陽気なイメージです。
70年代にはポインター・シスターズが『Yes We Can Can』と歌ってました。
photo by QUINVY

パーシー・スレッジ

パーシー・スレッジある日のこと、深夜遅くに女性ひとりでご来店くださったときの話です。ソウルミュージックに興味がある訳でもなく、世間話をしながら、いろんなレコードをかけてました。女性はかなりお酒が入ってる様子でしたが、ここでもぐいぐい!
このアルバムのA面の最後の曲、『You're Pouring Water On A Drowning Man』邦題が『泣きっ面にハチ』(以前ご紹介させて頂きました)が流れた時に、バッグから何やら『カスタネット』の様な物が、三枚の竹か木がひもで結んだシンプルな物でした。
女性は「これは、沖縄の楽器でどんな曲でも合わせられるんです」と言いながら曲に合わせて弾きだしたのです。初めて聴く曲だと思うのですが、妙に合ってるんです。びっくりしました。

photo by QUINVY

ドニー・エルバート

ドニー・エルバートあまり馴染みのない人かもしれませんが、70年代にフォートップスの名曲(60年代の大ヒット曲)『アイ・キャント・ヘルプ・マイ・セルフ』を歌ってた事で知ってる人が多いのではないでしょうか。
とにかく、高い声で歌い上げます。一度聴いたら耳から離れません。
好みが別れると思いますが、魅力的です。
photo by QUINVY

エタ・ジェームス

エタ・ジェームスひとりぼっちで店にいる時『クラレンス・カーター』を聴いてた(『アイドゥ・ラザー・ゴー・ブラインド』など)
ふと『エタ・ジェームス』も聴きたくなった。エネルギッシュでカッコいいの一言です。
『テル・ママ』『アイドゥ・ラザー・ゴー・ブラインド』など
クラレンス・カーターの歌う『テル・ダディ』が聴いてみたいです。
photo by QUINVY

オハイオ・プレイヤーズ

オハイオ・プレイヤーズ『ファースト・インプレッション』です。
やはりA-1の「リトル・ソウル・パーティ」がカッコいい。
かなり南部ぽいです。

ファルコンズの『アイ・ファンド・ラブ』を演奏してたと本で読んだ事があります。
photo by QUINVY

サーチン・フォー・マイ・ラブ

ボビー・ムーアいやー!実にいい曲です。
私よりも先輩の方達はよく知ってる名曲!
先輩達がおっしゃってました「当時の踊れるバーでかかってたよー」なんとウラヤマシイです。
「サーチン、サーチン、フォー、マイ、ベ〜イベー」
photo by QUINVY

SIR LATTIMORE BROWN と ALTEC

ラティモア・ブラウン店が終わる頃、一人だった私、LATTIMORE BROWNが聞きたくなった。実に良い!私の大好きなアーチスト。
特に『I Know I'm Gonna Miss You』が、大大好物。
20代後半スピーカーが欲しくてうろうろしてたところ、ある一件の店にたどり着く、ところ狭しとスピーカーが積んであった。くまなく探してたところ『ALTEC』見っけ!小さいながらもあこがれのスピーカー、じーっと見てたら店主が「自分の持ってる好きなレコード盤を持っていらっしゃい、一度聴いてみるといいよ」と言われ「よし!大好きな LATTIMORE BROWNをかけてもらおう!」後日、その店で聴いた時『I Know I'm Gonna Miss You』 もう最高! 即購入。
現在も自宅で音を奏でてます。
photo by QUINVY
1 / 3 >>

このページの先頭へ